スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 「第33回東京国際映画祭(TIFF2020)」ニュース一覧 > リュウソウレッドで俳優デビューの一ノ瀬颯「ボコボコにされて鍛えてもらった」と感謝

特集・コラム 2020年11月6日(金)21:00

リュウソウレッドで俳優デビューの一ノ瀬颯「ボコボコにされて鍛えてもらった」と感謝

一ノ瀬颯(左)と小宮璃央

一ノ瀬颯(左)と小宮璃央

イメージを拡大

俳優の一ノ瀬颯と小宮璃央が11月5日、第33回東京国際映画祭の「ジャパン・アニメーション」部門で「劇場版 騎士竜戦隊リュウソウジャーVSルパンレンジャーVSパトレンジャー」、「魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO スーパー戦隊MOVIEパー
ティー」のTOHOシネマズ六本木ヒルズでの上映後にトークショーを行った。

一ノ瀬はリュウソウレッド(コウ)、小宮はキラメイレッド(熱田充瑠)役で俳優デビュー。一ノ瀬は「オーディションは今でも鮮明に覚えている。何をしていいかも分からず演技をして、いい経験になったと思っていたら決まったと聞いて、鼻水と涙と手汗が止まらないくらい感動した」としみじみ語った。

イメージを拡大

幼少期から戦隊シリーズを見て育ち、「コウは小さい頃からあこがれたレッドのイメージ。元気で前向きで何があってもあきらめない。僕は考えても行動しないタイプなので、性格のかい離が激しかった。監督から日々コウでいろと言われ、できるわけないじゃんと思いながら大声を出して生活していた」と苦笑い。それでも、「ボコボコにされて鍛えてもらい、俳優としての土台をつくってもらった」と感謝した。

イメージを拡大

一方の小宮も、「事務所に呼ばれて、お偉いさんが皆会議室にいたので何かやらかしたと思ったら、配役されたと聞き頑張るしかないと思った」と振り返る。文化系男子という設定のため、「歴代のレッドとは真逆なので、役づくりは難しかった。アクションも本当にしないけれど、怪人と戦った時にアクション監督に褒められるのが一番うれしいですね」と相好を崩した。

そして、一ノ瀬が「充瑠を一番愛せるのは小宮くんしかいない。1年間大事に演じることで皆に愛されるし、次に何をするにしても役立ってくるはず」と後輩にアドバイス。放送中の「魔進戦隊キラメイジャー」も後半に入ってきており、小宮は「充瑠を愛し愛されるように頑張ります。今後、予想もつかない展開になると思いますが楽しみにしてください。そして、戦隊シリーズを愛し続けてください」と呼び掛けた。

第33回東京国際映画祭は、11月9日まで開催。

映画のことなら映画.com
アニメハック編集部

「第33回東京国際映画祭(TIFF2020)」ニュース一覧

[筆者紹介]
アニメハック編集部(アニメハック編集部)
映画.comが運営する、アニメ総合情報サイト。

イベント情報・チケット情報

第33回東京国際映画祭 (TIFF) Check-in1
開催日
2020年10月31日(土)
場所
六本木ヒルズ、日比谷エリア 他(東京都)

フォトギャラリー

  • 一ノ瀬颯(左)と小宮璃央

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。