スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「昭和元禄落語心中」に山寺宏一、林原めぐみらベテラン声優が出演決定

ニュース 2015年2月9日(月)19:44

「昭和元禄落語心中」に山寺宏一、林原めぐみらベテラン声優が出演決定

「昭和元禄落語心中」キービジュアル

昭和元禄落語心中」キービジュアル

(C)雲田はるこ・講談社/昭和元禄落語心中製作委員会

イメージを拡大

落語をテーマとした雲田はるこによるコミック「昭和元禄落語心中」のテレビアニメ版メインスタッフと、追加キャストが発表された。また、公式サイトではアニメ本編の先行カットが公開中だ。

監督の畠山守による旗振りのもと、シリーズ構成を「Persona4 the Golden ANIMATION」の熊谷純、キャラクターデザインを「ねらわれた学園」の細居美恵子が務める。また、落語監修として落語家の林家しん平を迎え、万全の製作布陣を整えた。

追加キャストとしては、八代目有楽亭八雲の若かりし頃の姿・菊比古とともに落語の道を歩み、後に天才と称される助六に、「新世紀エヴァンゲリオン」の加持リョウジ役などで知られる山寺宏一が出演する。八雲、助六らと深い関わりを持つ元芸者・みよ吉役には「エヴァ」の綾波レイ役などが当たり役の林原めぐみが選ばれた。このほか、助六の師匠にあたる七代目有楽亭八雲役に「犬夜叉」の奈落を演じた家中宏、落語評論家のアマケン役には「ONEPIECE」でウソップを熱演中の山口勝平らが抜てきされた。なお、菊比古は八雲を演じる石田彰が兼任する。

作品情報

昭和元禄落語心中

昭和元禄落語心中 38

刑務所の落語慰問会で見た大名人・八雲の「死神」が忘れられず、出所した与太郎が真っ先に向かった先は、寄席だった。拝み倒して八雲の住み込みの弟子となった与太郎だが、八雲の元では小夏という女性が暮らし...

2016冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「昭和元禄落語心中」キービジュアル
  • 「昭和元禄落語心中」先行カット
  • 「昭和元禄落語心中」先行カット
  • 「昭和元禄落語心中」先行カット
  • 「昭和元禄落語心中」先行カット
  • 「昭和元禄落語心中」先行カット
  • 「昭和元禄落語心中」先行カット

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。