スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 神谷浩史、梶裕貴らキャストが集結 「ノラガミ ARAGOTO -日比谷ノ杜祭-」開催

イベント 2015年8月12日(水)12:00

神谷浩史、梶裕貴らキャストが集結 「ノラガミ ARAGOTO -日比谷ノ杜祭-」開催

「ノラガミ ARAGOTO -日比谷ノ杜祭-」集合写真

「ノラガミ ARAGOTO -日比谷ノ杜祭-」集合写真

(C)あだちとか・講談社/ノラガミ ARAGOTO製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ第2期「ノラガミ ARAGOTO」の放送に先駆け、8月8日に東京・日比谷公会堂で「ノラガミ ARAGOTO -日比谷ノ杜祭-」が昼夜2部構成で開催された。

当日のステージには、主人公・夜ト役の神谷浩史をはじめ、梶裕貴、沢城みゆき、福山潤、井上和彦、豊崎愛生、大川透が登壇。さらに、シークレットゲストとして2期から登場する陸巴(くがは)役の星野貴紀、恵比寿役の置鮎龍太郎も参加した。

キャスト陣が登壇すると、杜の入り口を模したセットの玉垣に、キャストの願いが込められた札をそれぞれ奉納。その後は、アニメ第1期の映像を見ながらの収録当時の振り返りや、真喩役の今井麻美らが七福神巡りを行った映像を見ていくトークコーナーに。雪音役の梶は、第9話における禊(みそ)ぎのシーンのアフレコで「このことは鮮明に覚えていて、酸欠状態になった。精神的にも喉的にも戦いだった」と収録時の苦労を明かした。

続いて、キャスト陣と入れ替わりでシリーズ構成の赤尾でこ氏、月刊少年マガジン編集部の高見洋平氏、プロデューサーの天野直樹氏、エイベックス・ピクチャーズの飯泉朝一氏が登壇。4氏による1期振り返りトークのほか、高見氏から「(原作マンガの)第1話連載直後にボンズの南社長からアニメ化したいと連絡があった」とアニメ化の経緯が語られた。

トークコーナーのあとは、今秋10月より放送開始となる「ノラガミ ARAGOTO」のPVを上映。シークレットゲストの星野、置鮎が登場し、赤尾が両者の演じるキャラクターを紹介した。

このほかにも、イベント限定の生朗読劇や、日比谷神社の神主による観客・キャスト・スタッフによるヒット祈願(昼の部のみ)、スマートフォンゲーム「ノラガミ~神ト縁~」の2015年秋リリースが発表されるなど、バラエティ豊かな催しとなった。

作品情報

ノラガミ ARAGOTO

ノラガミ ARAGOTO 33

神ども、殺し合え。黒いジャージにスカーフ姿の"夜ト"は、祀られる社の一つもない貧乏でマイナーな神様。自分の社を築くべく、賽銭<5円>で人助けをする、自称"デリバリーゴッド"である。交通事故に遭い...

2015秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。