スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 【映画興行ランキング】「コードギアス」最終章が初登場9位、「頭文字D」は12位、「妖怪ウォッチ」は再浮上

ニュース 2016年2月9日(火)19:00

【映画興行ランキング】「コードギアス」最終章が初登場9位、「頭文字D」は12位、「妖怪ウォッチ」は再浮上

「コードギアス 亡国のアキト 最終章『愛シキモノタチヘ』」キービジュアル

「コードギアス 亡国のアキト 最終章『愛シキモノタチヘ』」キービジュアル

イメージを拡大

2月6~7日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。新作では、「コードギアス 反逆のルルーシュ」のアナザーストーリーを描く「コードギアス 亡国のアキト 最終章『愛シキモノタチヘ』」が、全国36スクリーンで公開され、オープニング2日間で動員3万6000人、興収4309万円をあげて、初登場9位にランクインした。

劇場窓口での先行販売チケットには、アニメ専門店アニメイト限定のグッズが付いたほか、先着来場者には総作画監督・島村秀一が描き下ろしたミニ色紙全5種がランダムで配布され、特典目当ての観客も数多く詰めかけた模様。公開初日には、新宿バルト9でキャストとスタッフによる舞台挨拶も行われ、多くのファンたちが最終章公開に駆けつけた。

「映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」は前週に4位から7位へ後退したが、公開8週目にしてワンラックアップし6位と底力を見せた。「新劇場版『頭文字D』Legend3 夢現」は、惜しくもランクインはならなかったが、12位スタートを切っている。

なお、リドリー・スコット監督の「オデッセイ」が、オープニング2日間で興収5億円近くをあげて初登場首位を獲得。2位は引き続き好調を維持している「信長協奏曲(ノブナガコンツェルト)」で累計興収25億円を突破した。「さらば あぶない刑事」も3位に踏みとどまり、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」は4位、「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」が5位をキープした。

作品情報

コードギアス 亡国のアキト 最終章「愛シキモノタチへ」

コードギアス 亡国のアキト 最終章「愛シキモノタチへ」 Check-in5

「この世界を滅ぼすことが俺の目的だよ」
暴走するシンのギアス。兄との最後の戦いを決意するアキト。ユキヤの放った爆弾によりユーロ・ブリタニア軍を三分の一に減らすことは出来たが、ヴァイスボルフ城を包...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 「コードギアス 亡国のアキト 最終章『愛シキモノタチヘ』」キービジュアル
  • 「新劇場版『頭文字D』Legend3 夢現」キービジュアル

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。