スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 初の本格ラグビーアニメ「ALL OUT!!」のアフレコ現場とは? 声優・千葉翔也&安達勇人に聞く

インタビュー 2016年11月3日(木)20:00

初の本格ラグビーアニメ「ALL OUT!!」のアフレコ現場とは? 声優・千葉翔也&安達勇人に聞く

(C) 雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部

イメージを拡大

テレビアニメ史上初の本格ラグビー作品として注目を集めている「ALL OUT!!」。原作は、選手たちの熱いプレイや想いに溢れている作品だが、アニメでは選手たちのプレイに動きが付くことで、迫力あるラグビーシーンも魅力のひとつとなっている。今回は、主人公である祇園健次役の千葉翔也と、石清水澄明役の安達勇人に、ラグビーを題材とした作品の現場がどのようなものなのかを中心に話を聞いた。

――作品タイトルの「ALL OUT!!」は、「やりきる、出し切る」という意味ですが、お二人が、最近一番オールアウトしたことはなんでしょうか?

安達:やはりこの作品における毎回の収録ですね。第1話も時間をかけて収録させていただき、やりきれたという思いでいます。

千葉:僕もこの作品の収録が生活の中心になっています。自分はメインキャストとして役をいただくのが初めてなんです。レギュラーで毎週収録があると、これほど生活の中心になるんだなと新鮮な気持ちです。

――なるほど。「ALL OUT!!」はラグビーを扱ったアニメですが、ラグビーだからこそのアフレコの難しさというのは感じますか?

千葉:マイクの数が限られている中で、チームのメンバーが入れ替わり立ち代わり声を吹き込むので、そこが技術的に難しい点ではあります。

安達:タックルにせよ、スクラムにしろ、きちんと熱量を表現しないといけない。そのあたりは苦労します。

(C) 雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部

イメージを拡大

千葉:声を出せばいいというものでもないんです。実際にラグビー体験もしてみたのですが、例えばスクラムを組む時に「うおおおっ」といった声を出しても、踏ん張れないんですよね(笑)。どちらかというと「フンッ!!」といった感じの息遣いになるんです。そういったリアルに体に力が入っているからこそ出る声を、意識して出そうと思ってます。

――アフレコの雰囲気は、どういったものなのですか。

安達:ブースに対して人数が多いので、必然的に距離感が近いんですよ(笑)

(C) 雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部

イメージを拡大

千葉:だからこそ会話しやすい雰囲気になっていますね。それと、コーチ役(籠信吾)の土師孝也さんを始め、もう何十年とこの世界にいらっしゃるベテランの方々が、凄くユーモアのある雰囲気づくりをしてくださっていて、毎回場がなごみます。それでいて率先して熱いセリフを言ってくださるので、締めるところは締めてくださるんです。

安達:キャスト・スタッフ陣が凄く一致団結している感があって、現場自体の熱量が高い。赤山役である細谷(佳正)さんはキャプテンということもあり、みんなを引っ張っていってくださいますし、先輩方からは芝居への考え方など、貴重なアドバイスをいただいてます。

千葉:自分も今回は主役ですので、恐縮する部分があったのですが、「あまり深く考えなくていいよ」と序盤に細谷さんや逢坂(良太)さんが言ってくださいました。例えば「マイクワーク(※アフレコにおける、複数のマイクに対しての役者同士の入れ替わり方)で困ることあったら、もう俺らに頼ればいいから。演じることに集中していいんだよ」と言ってくださったので、無駄な緊張がほぐれました。「頑張ることを頑張ろう」と思えたのはとてもありがたかったです。

作品情報

ALL OUT!!

ALL OUT!! Check-in10

ラグビーにはエースストライカーも、4番バッターもいない。 ここでは誰だって主役になれる―。
神奈川高校、入学式当日。体格は小さいが負けん気は人一倍の初心者・祇園(ぎおん)がラグビー部に入部し、物...

2016秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。