スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「血界戦線&BEYOND」上映会&トークショー「マチ★アソビ」で開催 原作者・内藤泰弘氏も大満足の第1話

イベント 2017年10月9日(月)19:04

「血界戦線&BEYOND」上映会&トークショー「マチ★アソビ」で開催 原作者・内藤泰弘氏も大満足の第1話

イメージを拡大

10月8日、徳島市周辺で開催中の大型アニメイベント「マチ★アソビ」にて、10月より放送中のテレビアニメ「血界戦線&BEYOND」の上映会とトークショーが行われた。

上映されたのは、第1話「ライツ、カメラ、アクション!」。上映後は、東宝の宣伝プロデューサー髙野朋子氏による司会のもと、原作者の内藤泰弘氏、集英社「ジャンプスクエア」編集部の福嶋唯大氏、東宝の岡村和佳菜プロデューサーらが登壇し、トークを行った。

第1話は、オープニング前のアバン部分だけで、原作の短編にあたるストーリーが完結しており、登壇者はその構成の巧みさに言及。加えて内藤氏は、コミカルさが垣間見える演出にもふれた。その後、話は音楽へと移り、本編冒頭の「ラップで世界観を説明する」アイデアは内藤氏が考案したというエピソードを披露。このラップ「Slice and Dice」はスチャダラパーのBOSEが歌っており、こういった挿入歌のサプライズも第2話以降の楽しみになるそうだ。

その他、オープニングやエンディングについてなど話題は多岐にわたり、観客が大きくうなずく光景が何度も見られた。

トークの最後には、内藤氏のサイン入り原作単行本、キャストと内藤氏のサイン入りミニポスターがプレゼントされる、じゃんけん大会が行われ、盛況のうちにトークショーは幕を閉じた。

作品情報

血界戦線 & BEYOND

血界戦線 & BEYOND Check-in35

現世が異界(ビヨンド)と交わる街ヘルサレムズ・ロットを舞台に、秘密結社ライブラのメンバーが世界の均衡を保つため、新たな事件に立ち向かう。

2017秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ