スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「不機嫌なモノノケ庵」第2期のOP主題歌は歌い手グループの「mono palette.」が担当

音楽 2018年10月16日(火)12:00

「不機嫌なモノノケ庵」第2期のOP主題歌は歌い手グループの「mono palette.」が担当

イメージを拡大

テレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」第2期として2019年1月からスタートする「不機嫌なモノノケ庵 續」のオープニング主題歌を、ニコニコ動画など動画投稿サイトを中心に人気を集める歌い手ユニット「mono palette.(モノパレット)」が歌うことが明らかとなった。タイトルは「ロングタイムトラベラー」で、「mono palette.」にとって初のオリジナル曲であり、アニメのタイアップ曲となる。

メンバーからコメントも寄せられており、リーダーのあげいんは「この楽曲は作中の物語と、我ら mono palette.に重なる部分を作家さんに素敵に書き下ろしていただいた楽曲になります。原作ファンの方にも、mono palette.を好きでいてくれている方にも是非とも聴いていただきたい一曲になっています」とアピール。雪見は「個人的にとても好きで追っていた作品だったのでお話が来たときは正直びっくりしました。とても素敵な楽曲になっているので早くCDを手に取って聴いていただきたいです!」と喜びを語っている。

また、12月28日には東京・TSUTAYA O-EASTでワンマンライブ「mono palette.-Black Paints-」の開催も決定した。チケットはイープラスで1次先行が10月21日午後6時、2次先行が27日正午から11月4日午後6時を開始し、10日午前10時から一般販売の取り扱いをスタート。価格は4200円で、当日券は4700円(いずれも税込み)。さらに、ワンドリンク代が別途必要となる。

楽曲を収録したCDは2019年1月2日にリリースが決定し、価格は描き下ろし「mono palette.」絵柄の限定盤が1800円、「不機嫌なモノノケ庵」原作者のワザワキリ氏描き下ろし絵柄の通常盤が1200円(いずれも税抜き)。店舗別特典として、限定盤はアニメイトが缶バッジ、タワーレコードでは年賀状メッセージカード(複製コメント入り)、ヴィレッジヴァンガードはステッカー(メンバーコメント①を録音した二次元バーコード付き)、Amazon.co.jpはステッカー(メンバーコメント②を録音した二次元バーコード付き)、そのほかではしおりが配布され、いずれも限定盤イラスト(描き下ろしmono palette.絵柄)が使用される。通常盤は通常盤イラスト(原作者ワザワキリ氏描き下ろし絵柄)を使用した特典が予定されている。なお、12月28日開催の「mono palette.-Black Paints-」では限定盤購入者のみ、直筆サイン入りブロマイドがランダムで配布される。

作品情報

不機嫌なモノノケ庵 續

不機嫌なモノノケ庵 續 Check-in1

「妖怪祓い」とは、本来すむべき「隠世(かくりよ)」から、何らかの事情で「現世(うつしよ)」に留まる妖怪たちを「隠世」へと送り届ける仕事である。ある日、妖怪にとり憑かれた高校生・芦屋花繪(あしや ...

2019冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ