スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「FGO -絶対魔獣戦線バビロニア-」ED主題歌は、シリーズ2度目の藍井エイル

音楽 2019年9月17日(火)21:00

「FGO -絶対魔獣戦線バビロニア-」ED主題歌は、シリーズ2度目の藍井エイル

(C)TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

イメージを拡大

TOKYO MXほかで10月5日からスタートするテレビアニメ「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」のエンディング主題歌が決定した。タイトルは「星が降るユメ」となっており、「Fate/Zero」のエンディング主題歌「MEMORIA」でデビューを果たした藍井エイルが歌唱する。あわせて、楽曲を収録したテレビCMも公開中。

「Fate」シリーズ2度目の参加となる藍井は、「過去に『Fate/Zero』でデビュー曲を歌わせていただき、今回再び『Fate』の作品に関わらせてもらえる事に感謝の気持ちでいっぱいです」と喜び、「出会いと別れを繰り返しながら、大切なもの、大切な事に気づいていくそんな想いを込めたこの楽曲が、今回の物語に寄り添えたら良いなと思っています。Fateを愛する皆さんと一緒に、私も思い切り物語を楽しみたいと思います。バビロニアでまたお会いしましょう」と、楽曲に込めた思いを語っている。

「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」は、ゲームアプリ「Fate/Grand Order」の人気エピソード「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」のアニメ化。人類の絶滅を防ぐため、さまざまな時代の“特異点”を渡り歩く“聖杯探索(グランドオーダー)”に携わってきた藤丸立香とマシュ・キリエライトが、紀元前2655年の古代メソポタミアを訪れ、賢王ギルガメッシュが築いた要塞都市・絶対魔獣戦線で激闘を繰り広げる。

作品情報

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア- Check-in29

人理継続保障機関・カルデアは、魔術だけでは見えない世界、科学だけでは計れない世界を観測し、2017年で絶滅することが証明されてしまった人類史を存続させるため日夜活動を続けている。人類絶滅の原因、...

2019秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。