スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 村瀬歩&石川界人「ハイキュー!!」“6年越しの全国”にかける思い

インタビュー 2020年1月16日(木)19:00

村瀬歩&石川界人「ハイキュー!!」“6年越しの全国”にかける思い

村瀬歩&石川界人、「ハイキュー!!」を通して築いた信頼関係とは

村瀬歩&石川界人、「ハイキュー!!」を通して築いた信頼関係とは

イメージを拡大

テレビアニメ「ハイキュー!! TO THE TOP」が1月10日から放送開始となり、日向が、影山が、そして烏野高校排球部が“さらなる頂”を目指して動き出した――! テレビシリーズの始動から約6年。ついに全国大会が描かれることになるが、日向翔陽役の村瀬歩、影山飛雄役の石川界人は“6年越しの全国”に何を思うのか。「ハイキュー!!」シリーズとのこれまでの歩みや今作にかける思いを聞いた。(取材・文・写真/編集部)

「ハイキュー!!」との6年間は
「ひとつひとつが濃密だった」(村瀬)

――ついに新シリーズに突入し、全国大会での日向、影山を演じることになりましたが、心境はいかがですか?

村瀬 「ハイキュー!!」シリーズが走り始めてから6年近くが経っています。途中、間が空いたこともありましたが、キャストの『(続きを)やりたい』という声はもちろん、作品を見てくださる皆さんからもそういった声をいただき、そのおかげで今作をやれるということがうれしいです。今作の登場キャラクターは、各地方を勝ち抜いてきた猛者ぞろいなので、彼らとちゃんと戦っていけるよう、日向の成長を噛みしめながらお芝居をしています。

(C)古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

イメージを拡大

石川 僕らは「ハイキュー!!」という作品をきっかけに、世に名前が出たので、役と一緒にここまで歩んできたという感覚があります。だから「声優として力をつけてきたこのタイミングで全国大会を演じられてよかった」と思いつつ、同時に「シリーズ初期の自分と今の自分では大きく違うところもある」という不安もあります。でも影山や日向にも「負けるのがこわい」という不安はあるはず。そういった意味では、不安すらも役とシンクロしていると思うので、自然体でアフレコに臨んでいければいいなと考えています。

――おふたりにとって、新シリーズまでの6年間は、過ぎるのがはやかったですか?

村瀬 振り返ると「あっという間だったな」という感じもありますが、いろんな出来事があり、そのひとつひとつが濃密だったので、はやくはなかったですね。

石川 僕は長かったです! 本当に長かったです。特に、前シリーズが終わって、今作が決まるまでの期間は長かったような気がします。「おそらく今回もやるだろうな」「まだまだやりたい」という気持ちがあったので、今作までの間に「自分は何ができるか」「何を培っていけるか」ということを考えなければいけなかったこともあり、長く感じました。

作品情報

ハイキュー!! TO THE TOP

ハイキュー!! TO THE TOP Check-in45

春の高校バレー宮城県予選、激闘を制し悲願の全国大会出場を決めた烏野高校排球部。全国大会を控えた彼らのもとに、影山の全日本ユース強化合宿召集の報せが舞い込んだ。さらに月島にも宮城県1年生選抜強化合...

2020冬アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 村瀬歩&石川界人、「ハイキュー!!」を通して築いた信頼関係とは
  • 宮侑(CV:宮野真守)

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。