スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > ハリウッド実写版「君の名は。」監督が決定

ニュース 2020年9月26日(土)22:00

ハリウッド実写版「君の名は。」監督が決定

韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョン監督

韓国系アメリカ人のリー・アイザック・チョン監督

Photo by Cindy Ord/Getty Images

イメージを拡大

世界累計興行収入400億円超の歴史的大ヒットを記録した新海誠監督のアニメ映画「君の名は。」をハリウッドで実写映画化する企画(タイトル未定)で、今年のサンダンス映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞した「Minari(原題)」のリー・アイザック・チョン監督がメガホンをとることが正式に決定した。米Deadlineが独占で報じている。

2016年8月に公開されたオリジナルアニメ版「君の名は。」では、心と体が入れ替わる不思議な夢を通してお互いの存在を知った高校生の男女が、運命に翻ろうされる姿が描かれた。ハリウッド実写版では、東宝が米パラマウント・ピクチャーズ、J・J・エイブラムスの製作会社バッド・ロボットと共同で企画開発を進めており、お互いの体が入れ替わる不思議な現象を体験したアメリカの片田舎に暮らす先住民の少女と大都会シカゴに住む少年が、来るべき災害から世界を救うべく奔走する、というストーリーになるようだ。

当初は、「メッセージ」でアカデミー賞脚色賞にノミネートされたエリック・ハイセラーが執筆した脚本をもとに、「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのマーク・ウェブ監督がメガホンをとると報じられたが、諸事情により白紙に。今回新たに起用されたチョン監督が、エミリー・V・ゴードン(「ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ」)による草稿をもとに、改めて脚本を書き直すとのことだ。

エイブラムスとパートナーのリンジー・ウェバーがバッド・ロボットを通じてプロデュースにあたるほか、オリジナルのアニメ版でプロデューサーを務めた川村元気氏も製作に名を連ねる。

米アーカンソーで生まれ育った韓国系アメリカ人のチョン監督は、カンヌ国際映画祭・ある視点部門に正式出品された長編監督デビュー作「Munyurangabo(原題)」で高い評価を得たのに続き、米西海岸からアーカンソーに引っ越した韓国系ファミリーの葛藤を描いた自伝的作品「Minari(原題)」が、サンダンス映画祭でグランプリと観客賞の2冠に輝くなど、ハリウッドでの今後の活躍が期待されている。

映画のことなら映画.com

作品情報

君の名は。

君の名は。 Check-in25

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。