スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > オリジナル劇場アニメ「フラ・フラダンス」21年公開 福原遥主演、総監督は水島精二

ニュース 2020年11月5日(木)04:00

オリジナル劇場アニメ「フラ・フラダンス」21年公開 福原遥主演、総監督は水島精二

(C) BNP, FUJITV/おしゃれサロンなつなぎ

イメージを拡大

福島県いわき市を舞台に、フラガールを仕事に選んだ新人ダンサーたちの成長を描くオリジナルアニメ映画「フラ・フラダンス」の製作が決定した。主人公の夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)役には、子役出身で近年進境著しい女優の福原遥がオーディションを勝ち抜いた。

映画やドラマだけでなく、昨年はソロ歌手デビューも果たすなど活躍の幅を広げている福原は、フラガールだった姉の後を追って同じ世界に飛び込む、フラ初心者の日羽に息吹を注ぎ込む。

「台本をいただいて、フラダンスをすることでみんなが元気に、笑顔になって、素敵な仲間と出会っていくストーリーが素敵だなと思いました。絶対に受かりたいという気持ちでオーディションに臨んだので、役が決まったとき、本当に嬉しかったです。この熱い思いが届いて、少しでも元気に、笑顔になってもらえる作品になったらいいなと思います。日羽は一生懸命で明るい女の子なのですが、ちょっと自分に自信がないところもあるので、繊細な部分もちゃんと演じられるように頑張りたいです」

イメージを拡大

総監督は、「鋼の錬金術師」や「劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer」などで監督を務めた水島精二。製作決定後には、主人公たちが生きる街、フラガールたちの舞台を見るためにプライベートで何度も福島に足を運び、スパリゾートハワイアンズに通ったという。「子どものころ、CMで見ていた常磐ハワイアンセンター。日本なのにハワイ?! 行ってみたいなー!と思ったものでした。スパリゾートハワイアンズを舞台に、ずっとやりたかったお仕事青春ストーリーを監督することになりました。きっとみんな、あの場所が、フラガールたちが好きになります!」とコメントを寄せている。

また、監督は「劇場版アイカツスターズ!」や「ガンダムビルドダイバーズ」の綿田慎也。脚本は「若おかみは小学生!」の吉田玲子が執筆し、キャラクターデザインは「アイカツ!」のやぐちひろこ、製作はBN Picturesが担当する。

この日は、ティザービジュアルとともに、いわき市の風景や日羽たちが務めるスパリゾートハワイアンズ、そしてダンシングチームの姿をノスタルジックな実写映像で構築したティザーPVもお披露目された。映像内では、水島総監督のディレクションのもと、福原がキャッチコピー「わたし、“フラ”を仕事にします。」のナレーションを務めている。

「フラ・フラダンス」は、2021年初夏に全国で公開。

作品情報

フラ・フラダンス

フラ・フラダンス Check-in1

福島県いわき市を舞台にフラガールを仕事に選んだ主人公・夏凪日羽(なつなぎ・ひわ)と同期の仲間たちの成長を描く青春群像劇。

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。