スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 秋葉原が舞台のオリジナルアニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」プロジェクト始動

ニュース 2021年5月21日(金)12:00

秋葉原が舞台のオリジナルアニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」プロジェクト始動

オタクヒーローと魔法少女アナーキーを描いた、JUN INAGAWA描きおろしのビジュアル

オタクヒーローと魔法少女アナーキーを描いた、JUN INAGAWA描きおろしのビジュアル

(C) Magical Destroyers

イメージを拡大

オリジナルアニメ「魔法少女マジカルデストロイヤーズ」プロジェクトの始動が決定し、特報映像と描き下ろしビジュアルが披露された。

同作は、ストリートカルチャーとアキバカルチャーを融合したイラストや漫画などを発表する21歳のクリエイターJUN INAGAWAが原案を担当。プロジェクトの詳細は明らかにされていないが、2011年の秋葉原を舞台に、オタクヒーローと魔法少女アナーキーの2人が登場する物語が描かれる。

JUN INAGAWAがディレクションを担当した特報映像は実写で、島田卍丸が演じる魔法少女が夜の街を歩く幻想的な様子を映している。

作品情報

魔法少女マジカルデストロイヤーズ

魔法少女マジカルデストロイヤーズ 20

気鋭クリエイター・JUN INAGAWA が送る、愛と狂気と破壊の物語2008 年――謎の勢力の出現により、アニメ、ゲーム、マンガ、音楽、鉄道、コスプレなどあらゆるオタク文化が排除された日本。グ...

2023春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報