スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 林原めぐみ主演「月とライカと吸血姫」10月放送開始 キービジュアル、追加キャスト、主題歌発表

ニュース 2021年7月20日(火)19:00

林原めぐみ主演「月とライカと吸血姫」10月放送開始 キービジュアル、追加キャスト、主題歌発表

キービジュアル

キービジュアル

(C)牧野圭祐・小学館/「月とライカと吸血姫」製作委員会

イメージを拡大

牧野圭祐氏のSFファンタジー小説を林原めぐみ主演でテレビアニメ化する「月とライカと吸血姫(ノスフェラトゥ)」が10月から放送されることが決まり、キービジュアル、主題歌情報、追加スタッフ&キャストが一挙発表された。

本作は、宇宙開発競争が繰り広げられる世界を舞台に、吸血鬼の少女イリナ・ルミネスク(CV:林原)と人間の青年レフ・レプス(内山昂輝)が種族の壁を越え、共に宇宙を目指す姿を描く。新キービジュアルには、イリナとレフを中心に、複数の主要キャラクターが配されている。

追加キャストとして土師孝也(スラヴァ・コローヴィン役)、てらそままさき(ヴィクトール中将役)、井上喜久子(ナタリア役)、緒方賢一(フョードル・ゲルギエフ役)、M・A・O(リュドミラ・ハルロヴァ役)、東地宏樹(ナレーション担当)の出演が決定。スタッフは、既に発表されていた横山彰利監督、シリーズ構成の牧野圭祐、キャラクターデザインの加藤裕美のほか、助監督を川口太詩、撮影監督を今泉秀樹、音響監督を濱野高年、アニメーション制作をアルボアニメーションが担当する。

さらに、オープニング曲は音楽ユニット「ALI PROJECT」の新曲「緋ノ月」、エンディング曲はシンガーソングライターのChimaの楽曲「ありふれたいつか」が起用され、「クロノ・トリガー」「ゼノギアス」などのゲーム音楽で知られる光田康典が劇伴音楽を手がける。

作品情報

月とライカと吸血姫

月とライカと吸血姫 28

世界大戦の終結後、世界を二分する超大国、東のツィルニトラ共和国連邦、西のアーナック連合王国は、その領土的野心を宇宙へと向けた。両国は熾烈な開発競争を繰り広げ、そして今——東歴 1960 年。共和...

2021秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。