スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > スタジオポノックの長編アニメ「屋根裏のラジャー」公開延期

ニュース 2022年3月2日(水)14:44

スタジオポノックの長編アニメ「屋根裏のラジャー」公開延期

(C) 2022 Ponoc

イメージを拡大

スタジオポノックによる劇場アニメ「屋根裏のラジャー」が、当初予定していた今夏から公開が延期されることが3月2日、製作委員会と配給元の東宝から発表された。今後の公開予定は、決定し次第、東宝の公式サイトで告知される。

スタジオポノックの公式Twitterでは西村義明プロデューサー名義で、コロナ禍の影響も重なり制作状況が悪化し、残存期間ではクオリティの維持、向上が困難な状況となったため、制作期間を延長のうえ劇場公開に臨む決断をしたと延期の理由が告げられている。

同作は、A・F・ハロルドによる児童文学「The Imaginary」(邦訳題「ぼくが消えないうちに」ポプラ社刊)が原作。愛を失った少女が生み出した“イマジナリ”という誰にも見えない少年ラジャーは、想像の世界が消えようとするのを防ぐため仲間たちと“誰にも見えない戦い”に挑む。監督は百瀬義行。

作品情報

屋根裏のラジャー

屋根裏のラジャー 2

愛を失った少女は、想像の少年ラジャーを生みだした。 ふたりは、想像と現実の世界を駆けめぐり、かけがえのない時間を過ごす。 しかしある日、ラジャーを狙う謎の男が現れ“想像”の世界が消えようとしていたー。

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。