スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > セガ「スペースチャンネル5」「コミックスゾーン」、ハリウッドで映画化へ

ニュース 2022年8月25日(木)22:00

セガ「スペースチャンネル5」「コミックスゾーン」、ハリウッドで映画化へ

ハリウッドで映画化されることになった「スペースチャンネル5」

ハリウッドで映画化されることになった「スペースチャンネル5」

(C)SEGA

イメージを拡大

セガはこのほど、自社ゲームソフト「スペースチャンネル5」と「コミックスゾーン」の2作品を、米ピクチャースタート社とともに映画化に向けた開発を進めることで合意したと発表した。

「スペースチャンネル5」は、1999年にドリームキャスト向けにリリースされたミュージカルアクションゲーム。未来の宇宙放送局で働く新人リポーターが、謎の宇宙人によって踊ることを強いられた人々をダンスバトルで救出するストーリーで、全編を彩るレトロフューチャーな世界観が国内外で人気となった。製作に際し、ビリー・ボブ・ソーントン、エバ・ロンゴリア出演のクライムコメディ「ギャングバスターズ」で監督・脚本を務めたバリー・バトルズ、SF映画「EXTRACTED(原題)」(12)の監督・脚本を手がけたニル・パニリーが執筆するという。

「コミックスゾーン」

「コミックスゾーン」

(C)SEGA

イメージを拡大

「コミックスゾーン」は、95年にメガドライブ用に発売されたアクションゲーム。自分が描いた漫画の世界に迷い込んだ主人公が脱出をかけて戦うストーリーで、アメコミのページ仕立ての斬新な世界観が高評価を得た。今回の映画化企画では、エミー賞を受賞したHBO Maxのオリジナルテレビアニメシリーズ「ヤング・ジャスティス」などの脚本を執筆したメイ・キャットが手がける。

ピクチャースタート社からは、CEOのエリック・フェイク、ロイス・リーブス=ダービーが両プロジェクトを統括。同社の経営陣に名を連ねるサミー・キム・ファルペイと共にプロデューサーを務める。

一方、セガからは内海州史副社長が両プロジェクトを統括し、「ソニック・ザ・ムービー」シリーズのプロデューサーだった中原徹が両作品のプロデューサーを務める。さらに、「スペースチャンネル5」には同社ゲームディレクターの吉永匠、「コミックスゾーン」には同社ゲームプロデューサーの下村一誠が、それぞれ参加する予定になっている。

映画のことなら映画.com

作品情報

Shenmue the Animation

Shenmue the Animation 1

1986年、横須賀。芭月道場で生まれ育った芭月涼は、厳格な父のもとで芭月流柔術の腕を磨いていた。しかしある日、謎の男・藍帝に父を殺され、父が守っていた『鏡』を奪われてしまう。必ず事件の真相を解き...

2022春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • ハリウッドで映画化されることになった「スペースチャンネル5」
  • 「コミックスゾーン」

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。