スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 「弱虫ペダル」第5期、代永翼&野島健児が恋しかったのは「泉田さんのアブ」 【22年秋アニメ・インタビュー】

インタビュー 2022年10月8日(土)19:00

「弱虫ペダル」第5期、代永翼&野島健児が恋しかったのは「泉田さんのアブ」 【22年秋アニメ・インタビュー】

【「弱虫ペダル」2本立てインタビュー】箱学からは代永翼&野島健児が登場!

【「弱虫ペダル」2本立てインタビュー】箱学からは代永翼野島健児が登場!

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

10月9日からスタートする、テレビアニメ「弱虫ペダル」の第5期「弱虫ペダル LIMIT BREAK」。山下大輝鳥海浩輔による「チーム総北インタビュー」に続いて、箱根学園からは真波山岳役の代永翼、黒田雪成役の野島健児が登場する!

第4期「弱虫ペダル GLORY LINE」放送終了から4年ぶりの新シリーズであり、アフレコ自体は実に5年ぶり。今期から少人数体制での収録となったため、箱学キャプテン・泉田の口ぐせ「アブ」を生で聞けなかったのが寂しかったそうで、「生アブ聞きたかったな」(代永)、「思い返すとあれが最後のアブだったな……(笑)」(野島)と大盛り上がり。時に熱く、時に笑いを交えながら、個性豊かなキャラクターのこと、収録の裏側、インターハイ3日目への思いを語ってくれた。(取材・文/編集部)

【総北インタビューはこちら】
山下大輝&鳥海浩輔、「弱虫ペダル」第5期アフレコも御堂筋が「とんでもない」


■「まだかまだか!」待ちきれなかった第5期の収録 以前の収録体制との変化は?

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

――第4期の最終話でインターハイ3日目のスタート直後までが描かれ、第5期でついに最終日のレースがはじまります。第5期の制作を知った際のお気持ちはいかがでしたか?

野島 さすがにインターハイ3日目がスタートしたところで終わることはないだろうと思っていましたが、それでも5期制作を聞いた時は安心しました。ただ収録時期がかなり先になると聞いたので、何年後かの収録まで4期のテンションを保てるのか、保てるわけがないとしたらすぐに4期の状態に戻せるのかという不安はありました。嬉しさと同時に、収録だけでももっと早くしたいという思いでした。
でも「いつものメンバーがそろえば、きっとまた“あの日”に戻れる」という掴みどころのない自信もありました。コロナ禍なので、結局(収録に)全員そろうことはありませんでしたが。

代永 僕も同じです。5期が決まって嬉しかったけれど、収録までかなり間が空くという話だったので「まだかまだか!」「やるなら早く!」と思っていました。こんなに間が空くのは、「弱虫ペダル」としては珍しいパターンでした。インターハイ3日目のスタート前の気持ちに戻すっていう作業をいちからすることに対して、「戻せるのかな」とドキドキしていました。
不安と同時に早くみんなに会いたかったし、収録がしたかったです。「やっと決着がつくのか」「早く勝負したい」と楽しみな気持ちもありました。

――今期から少人数体制の収録となり、先ほども「全員そろうことはなかった」とおっしゃっていましたが、箱学のキャスト全員がそろう瞬間もなかったのでしょうか?

野島 残念ながら、箱学全員がそろうことはなかったです。

代永 レース3日目は、ある意味で個人勝負みたいな瞬間もあるので、その瞬間瞬間でチームを組んでいるメンバー、バディを組んでいる同士で収録することが多かったです。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

――ちなみに4期までの収録はどのような雰囲気だったのでしょうか?

代永 テストの時に笑いあったりすることもありました。例えば、泉田さんがアブアブいう度に(笑)

野島 大爆笑だったね(笑)

代永 特に宮野くんが喜んでいましたね(笑)。「アブユキ!!」ってどういう意味? みたいな話をしたり。

野島 普通に良いシーンで「アブユキ!!」だからね(笑)

代永 独特なやりとりすぎて、キャストの僕らは笑っちゃいますけど、「箱学チームとしてはどういう風に受け止めてるんだろう」と盛り上がりました(笑)

――総北のキャストはどのような雰囲気でしたか?

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

代永 総北は「山下くんのことを先輩たちが支えている」という図式がみえるというか。何年経っても先輩にとっては後輩ですから、福島(潤)さんと鳥海さんが山下くんを引っ張っているような感じです。だから、下野(紘)さんが山下くんの後輩役で入ってきた時は不思議な感じでした。役としてはぴったりだけど、芸歴的には下野さんの方が先輩なので、その図式は見ていて面白かったです(笑)。


■アフレコで泉田の“アブ”が聞けず「もの足りない(笑)」 気になるのは「今期の御堂筋くん」

第4期「弱虫ペダル GLORY LINE」より

第4期「弱虫ペダル GLORY LINE」より

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会

イメージを拡大

――少人数体制の収録となってから、どのようにキャスト間のコミュニケーションをとられていたのでしょうか?

代永 (収録ブースの)入れ替わりの時に話すことはありました。「久しぶり!」みたいな。

野島 1、2分くらいは会話ができるので、「あとはよろしく!」とかね。

代永 「魂はおいてきたから、あとは任せた」というようなやりとりもありました。

野島 個別収録なので、1人あたりの収録時間が短いんです。短い時は30分、長くても1時間くらい。今までの「みんなでがっつり3時間収録」と比べると、自転車をこいでいるようなスピード感でした。キャストがコミュニケーションをとれる時間も一瞬なので、その一瞬で少しでもコミュニケーションをとりたいという思いは強かったです。

代永 箱学はわりとうるさいメンバーが多いので(笑)、今回「アブ」と「ブハ!」が生で聞けなかったのが寂しかったです。

――泉田と銅橋の口ぐせですね(笑)

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

野島 今回は(泉田役の)阿部(敦)くんとそんなに一緒にならなかったもんね。

代永 “生アブ”聞きたかったですね。

野島 思い返すとあれば最後のアブだったな……みたいな感覚です(笑)

代永 あれが聞けないともの足りないです(笑)

――(笑)。他のチームのなかには、生で聞きたかったキャラクターはいますか?

代永 遊佐さんと(収録が)一緒にならなかったので、今期の御堂筋くんがどうなっているのかは楽しみです。

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

――チーム総北のインタビューでは、山下さんが今泉と御堂筋の収録に同席した感想を「特等席、SS席だった」とおっしゃってました。そのくらい楽しかったそうです。

2人 (笑)

代永 そうなっちゃう感覚はわかります(笑)。京都伏見でいうと小鞠くんも聞きたかったです。(小鞠役の)福山(潤)さんがAnimeJapan2022で「前回を超える“肉”になっているので楽しみにしていてください」と言っていたので、今回はどんな「最高の肉」を聞かせてくれるのか気になります(笑)

野島 (笑)。でも、こういう体制だったからこそ新鮮な気持ちでオンエアが見られるような気もしています。そして今回は個人個人がしっかり録れるという体制でもあるので、今までにないクオリティになっているのではという期待もあります。そういう意味でも、今からオンエアが楽しみです。


■第5期は「全員が優勝するつもりで収録している」 黒田と真波を結ぶ “敗北”という共通点

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

――第5期の序盤の見どころを教えてください。

野島 黒田に関しては、インターハイ初日に本能的にレースを運んだ分、最終日はひとつひとつ慎重に、箱学の頭脳となって考えながら進んでいます。声優としては、キャスト全員が優勝するつもりで収録しているので、ひとりひとりのセリフにその思いが現れていると思います。序盤から、原作を全部読んでいる人でも勝敗がわからなくなるくらいの熱量に仕上がっているはずです。

代永 そうですね、第1話から「優勝を狙っていく」という思いを感じてもらえるはずです。スタート時点は、総北が緊張している部分がある一方、箱学はまだ落ち着いてる部分があるので、そこの違いも楽しんでもらえると思います。そして京都伏見がどういう出方をするのかが一番の注目ポイントです(笑)

――AnimeJapan2022で、スタッフ陣から代永さんに「インターハイ3日目で爆発させてほしい」という話があったと明かされてましたが、実際のアフレコはいかがでしたか。出し切ったという感覚はありますか?

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

代永 出し切りましたね。「これこれ!」という快感、気持ち良さがありました。「リミッターをどこまであげていったらいいのか」というのが今期で一番迷ったところでした。真波くんは坂道くんと戦うために貯めているので、序盤は「そこまでリミッターを外しすぎなくていいです。とっておいてください」というディレクションを受けました。そうしてためたものを、ある瞬間に全部爆発させたというか。その時は、「今ある勝負を全力でやろう」「全力を出し切ろう」という思いでした。

――“届け屋”黒田としては、インターハイ最後のゴールへ届けるために、熱量があがっていく感覚はありましたか?

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル05製作委員会

イメージを拡大

野島 黒田さんの熱量って、インターハイ以前、もっと前からあったような気がしています。彼の目標のひとつが「最後に真波を届ける」「真波に自由に飛んでもらう」だとすると、その熱量のきっかけは、黒田と真波のインターハイをかけた勝負にまでさかのぼります。あそこで黒田が負けたことで、真波を認めて、リスペクトすることにもなったし、本当の強さを知ることにもなった。そこから「自分にできることはなんだろう」と考えて、「チームを育てて、真波を最後に飛ばす」という思いに行きついたのではないでしょうか。敗北した時からずっと熱量を維持してきたのだと思います。

代永 別のベクトルではありますが、黒田さんも真波くんも負けを知っている2人ですからね。

――真波は昨年のインターハイで敗北を味わいましたね。

代永 そうです。お互い負けを知っているからこそ、分かり合うところが多いような気がします。

野島 挫折したからこその強さですね。

代永 だからこその2人という気がします。

アニメハック公式Twitter、フォロー&RTプレゼントキャンペーン
<賞品>
代永翼さん&野島健児さん サイン色紙、1名様
<応募期間>
10月8日~11月6日23:59
<応募方法>
1.アニメハック公式Twitterをフォロー。
2.公式Twitterがツイートした、プレゼント告知のツイートをRT(リツイート)。キャンペーン終了までフォローを外さないようご注意ください。
https://twitter.com/animehackcom/status/1578687942184288256
3.当選された方には、キャンペーン終了後、公式twitterアカウントからDM(ダイレクトメッセージ)をお送りします。

作品情報

弱虫ペダル LIMIT BREAK

弱虫ペダル LIMIT BREAK 23

1年目のインターハイで見事、総北高校を総合優勝へと導いた小野田坂道。今泉や鳴子と共に2年生へと進級し、キャプテン・手嶋たちと新チームで連覇を目指す!そして迎えた夏のインターハイ。昨年の雪辱に燃え...

2022秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

  • 【「弱虫ペダル」2本立てインタビュー】箱学からは代永翼&野島健児が登場!

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。