スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 明田川進の「音物語」 > 【明田川進の「音物語」】第67回 OVA「銀英伝」とつながりのあった「TYTANIA -タイタニア-」のキャスティング

特集・コラム 2022年12月10日(土)19:00

【明田川進の「音物語」】第67回 OVA「銀英伝」とつながりのあった「TYTANIA -タイタニア-」のキャスティング

イメージを拡大

田中芳樹さんの「タイタニア」をテレビアニメ化した「TYTANIA -タイタニア-」は、OVA「銀英伝」からの流れで音響監督を担当することになりました。「銀英伝」にも関わっていたプロデューサーの菊川(幸夫)氏が自分で会社を立ちあげられて、「タイタニア」を映像化したいと動いて実現したんです。

「TYTANIA」は「銀英伝」よりも少しフランクな雰囲気がだせたらと、ある程度誇張された芝居をぽーんとだせるような人に多くでてもらっていると思います。この頃はたくさんの人にでてもらった「銀英伝」の経験もあって、こういうキャラクターならこの人にお願いしようと分かっていましたし、監督の石黒昇さんともツーカーでしたから、決めうちでお願いした人がずいぶんいたはずです。パッと思い出す方だと武虎さん(※ザーリッシュ・タイタニア役)の演技が面白かったのと、矢作紗友里さん(※リラ・フローレンツ役)や保志総一朗さん(※バルアミー・タイタニア役)にリアル寄りのキャラクターを演じてもらったのが印象に残っています。

「TYTANIA」では、OVAの「銀英伝」に何かしらの役ででているけれど、メインでは関わっていない人たちが多くキャスティングされているんですよ。もしかしたら後付けかもしれませんが、当時からそういう意識をもってキャスティングしていたと思います。例えば、「銀英伝」でラインハルトの姉(※アンネローゼ・フォン・グリューネワルト)を演じた潘恵子さんに「TYTANIA」ではナレーションと乳母役を演じてもらうといった感じです。OVA「銀英伝」のキャスト陣をよくご存じの方からみると、そうしたつながりが見えたかもしれません。

「TYTANIA」の音楽はオーケストラでした。同じオーケストラでも「銀英伝」は以前お話したとおりアーカイブ音源を使うことがほとんどでしたが( https://anime.eiga.com/news/column/aketagawa_oto/106514/ )、「TYTANIA」では神奈川フィルファーモニーオーケストラに演奏してもらい、めぐろパーシモンホールというところで録音しました。音楽を手がけたのは高木洋さんです。

僕のなかでは田中芳樹さん原作の「銀英伝」と「TYTANIA」、前回お話した「グイン・サーガ」の3作品は、小説が原作、キャストの多さと会話劇、オーケストラによる音楽など、ひとつの流れとして手がけてきた感覚があります。小説のアニメ化はもとになる絵がないぶん難しい面もありますが、そのぶん“しがい”があってどれも楽しい仕事でした。

明田川 進

明田川進の「音物語」

[筆者紹介]
明田川 進(アケタガワ ススム)
マジックカプセル代表取締役社長、日本音声製作者連盟理事。日本のアニメ黎明期から音の現場に携わり続け、音響監督を手がけた作品は「リボンの騎士」「AKIRA」「銀河英雄伝説」「カスミン」など多数。

作品情報

タイタニア

タイタニア 0

星暦と呼ばれる時代が始まるとともに、広大な宇宙に進出した人類は、星間都市連盟に属する多数の都市国家を築いた。宇宙で最大の勢力を誇った星間都市連盟の時代は永く続くと思われたが、「タイタニア」と呼ば...

2008秋アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

  • 今日の番組
  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。