スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 大好きなあの人に奥行きが♡この2.5次元がすごい > 【この2.5次元がすごい】ついに完結する繋ぐ物語 演劇「ハイキュー!!」の集大成「頂の景色・2」

特集・コラム 2021年4月3日(土)19:00

【この2.5次元がすごい】ついに完結する繋ぐ物語 演劇「ハイキュー!!」の集大成「頂の景色・2」

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

作品の世界を舞台上で表現するために、さまざまな手法や演出を取り入れ新たな可能性に挑み続ける……シリーズを通してそういった印象をうけるのが「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』」でした。2015年の初演から高い注目を集めていたこの作品もついに完結です。舞台を見るというだけでなく、実際にバレーボールの試合を見ているような気持ちを体験させてくれる演劇「ハイキュー!!」の最後の物語。「ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー!!』”頂の景色・2”」を目撃しようと、TOKYO DOME CITY HALLへ向かいました。

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

改めて気付かされる日向と影山、成長の物語

今作で描かれるのは「魔の3日目」と呼ばれる春高編のクライマックス。因縁のライバルである音駒高校に競り勝った烏野高校は準々決勝で鴎台高校との試合に挑みます。「ハイキュー!!」は全国優勝を目指す部活の物語ではなく、主人公である日向翔陽をはじめとした登場人物の成長を描く物語です。悩み、壁にぶつかりながらも、チームやライバルの力を借り前を向いて進む姿が舞台を通じて印象的に描かれています。今作でも冒頭では過去の映像が一気に流れ、これまでの挑戦を振り返ることができました。長く続く舞台シリーズの場合、途中から見た人にもわかるように今までの流れを説明してくれるというのはよくある演出ですが、今作はそれだけでなく改めて繋がっている物語の強さを象徴しているように感じました。

また注目したいのはサブタイトルです。今作は「頂の景色・2」。演劇「ハイキュー!!」初演の再演時にサブタイトルとして付けられていたのが「頂の景色」でした。日向と影山飛雄の出会いから始まった物語がここで何を見せてくれるのか、というのは大きな見どころのひとつです。それぞれのバレーボールを追求する姿は変わらず、ですが成長を通して頼もしくなった背中を見ることができました。

(C)古舘春一/集英社・ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」製作委員会

イメージを拡大

物語だけでなく繋がれていくキャストたちの思い

漫画「ハイキュー!!」という強い物語を舞台上に再現できている大きな要素のひとつが、キャストたちの熱演。日向を演じる醍醐虎汰朗さんは初日を迎えるにあたって「今まで関わってきたすべての方々の思いを繋ぐことを目標に掲げて、稽古期間を過ごしてきました。前向きになれる熱い作品になっていると思います」とコメントをしていました。19年11月に上演された「飛翔」から日向を演じている醍醐さん。特に集大成となる今作では、ここまで繋がれてきた作品への思いもひとしおだったのではないのでしょうか。演劇「ハイキュー!!」にとって「繋ぐ」という言葉は最後まで大切なキーワードです。物語としてもボールを繋ぐというだけでなく、チームメイトと繋ぐ信頼や後継者へと繋いでいく思いなどさまざまな場面で「繋ぐ」という言葉が登場します。そして演劇「ハイキュー!!」は、歴代のキャストたちが繋いできた思いも背負って上演されます。舞台の終盤に日向が悔しさを見せるシーンがあるのですが、その表情に繋がっているたくさんの思いを感じることができ、客席の心を動かしていました。

また、変わらない姿で舞台を盛り上げていたのが初演から及川徹を演じる遊馬晃祐さんです。「稽古場ではバレーボールの指導だったり、チーム作りの手伝いなど今までとは違った立ち位置になることも多く、いつもより客観的に演劇『ハイキュー!!』を見ていました」と話してくれました。変わっていくのではなく、進化していくという演劇「ハイキュー!!」らしさを表しているようです。今作での及川は、試合には出ないものの試合の解説や、選手の状況を伝えてくれる重要なポジション。ここも動きのある演出が多く、バレーボール経験者である遊馬さんの身体能力の高さがうまく表れていました。ジャンプサーブが持ち味である及川の姿を、今作でも楽しむことができます。

結末を知っていても、見る度に熱い思いに感動させられるのが演劇「ハイキュー!!」。ついに迎えた最終章は全国での上演を経て4月29日から東京凱旋公演が行われます。

西岡 舞子

大好きなあの人に奥行きが♡この2.5次元がすごい

[筆者紹介]
西岡 舞子(ニシオカ マイコ)
オーストラリアのGriffithUniversityでジャーナリズムと犯罪心理学を学び、卒業後は出版やエンタメに携わる。舞台も音楽も仕事のあとの一杯もやっぱり生が好き! いい舞台は何度もみたいし、記念に公演グッズも買っちゃう派です。好きな動物は猫とペンギンで好きな大福はいちご大福。

イベント情報・チケット情報

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」〝頂の景色・2〞【東京凱旋・1回目】 Check-in0
開催日
2021年4月29日(木)
時間
13:00開始
場所
TOKYO DOME CITY HALL(東京都)
出演
醍醐虎汰朗, 赤名竜之輔, 山本涼介, …

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。