スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > まなおのアニメ感想戦! > 【まなおのアニメ感想戦!】第17回 映画「名探偵コナン」おすすめ選 いつもひとつ…に絞れない!

特集・コラム 2020年4月25日(土)19:00

【まなおのアニメ感想戦!】第17回 映画「名探偵コナン」おすすめ選 いつもひとつ…に絞れない!

イメージを拡大

最後に映画館に行ってから1カ月以上が経ちました。
 映画館や公開延期の作品を思うとどうしようもなくもどかしくて、私と同じ気持ちの映画ファンのかたも多いと思います。
 この胸のあたりがぽっかり空いた感じが続くのもよくありませんので、今回は、おうちで見られる「名探偵コナン」映画をご紹介します!
 全23作品中、現在U-NEXTやHuluで鑑賞可能な作品の中から、おすすめの作品を4つ選ばせていただきました。

◆初代にして傑作!「時計じかけの摩天楼」(1作目)
 有名建築家、森谷帝二の建造物を狙って次々に巻き起こる爆弾事件。刻一刻とタイムリミットが迫る中、正体不明の爆弾犯からの暗号に挑むさまは、まさにコナン映画の醍醐味が詰め込まれています。工藤新一と幼なじみの毛利蘭との恋模様、笑いもドラマもサスペンスもバランスよく盛り込まれていて、初の劇場版にふさわしい名作です。良い意味でのシンプルさが光っていて、ミステリーやコナンを普段見ないかたも見やすく楽しんでいただけます。

◆京都に行きたい、恋がしたい!「迷宮の十字路」(7作目)
 古美術品窃盗団「源氏蛍」内で起こる連続殺人事件と、何者かに盗まれた薬師如来像のありかを示す暗号解明。そして、新一のライバルである西の高校生探偵・服部平次が初恋の人ひとを探す、3本の軸からなる物語です。
 舞い散る桜の中、記憶の中の初恋相手が口ずさむ「丸竹夷二(まるたけえびすに)押御池(おしおいけ)~」の通り歌や、翁の面の犯人との対峙。京都ならではの謎が紐解かれるのは旅気分で見られますし、恋の甘酸っぱさも相まって、自粛期間の今だからこそ一層胸ふくらむ作品です。趣深い春の京の情景に対して、バイクでの追走劇や剣道の目まぐるしいアクションも満載で見応え十分!
 また本作が気に入ったかたには、同じく服部と幼なじみの和葉の活躍する、かるたを題材にした「から紅の恋歌」(21作目)もきっと好きになっていただけると思います。

◆いにしえを舞台に未来を見据える「ベイカー街の亡霊」(6作目)
 最新テクノロジーによる仮想体感ゲーム「コクーン」(今で例えるとVRのような)の完成披露会で起こった殺人事件。解決の糸口が潜むゲームの世界で、人類史上最凶の連続殺人鬼「切り裂きジャック」を追い詰めながら、現実の殺人事件の謎も解き明かされる大スペクタクル。
 19世紀ロンドンは、かの名探偵シャーロック・ホームズが数々の難事件を解き明かした聖地です!「紺青の拳」(23作目)では正式にシンガポールが舞台になりましたが、架空とはいえ初めて異国の地で冒険を繰り広げた本作の独自色は今でも色あせずに残っています。見れば見るほどこだわりを感じることができるでしょう。
 本作がコナン映画としては珍しい点として「親子」がひとつのテーマになっていることも挙げられます。他作品以上に社会へ示唆している一面も色濃く、子どもの頃に見た方も、いま見るとまた違った気づきがあると思います。

◆これぞ不朽の名作!「瞳の中の暗殺者」(4作目)
 刑事ばかりが狙われる連続殺人事件。偶然現場に遭遇した蘭は、ショックで記憶喪失になったうえ、犯人の顔を見たことで命を狙われてしまいます。絡み合う複数の事件、蘭の記憶の行方は――という衝撃的なあらすじです。
 ファンの間でも人気が高く、今年の頭に「金曜ロードSHOW!」で行われた人気投票では、10日間で7万9991票(!)をあつめ堂々の1位に輝きました。
 色々な要素で優れていますが、一番のポイントは「新一と蘭の物語」であることです。
 新一がコナン=体が小学生になってしまった以上、「14番目の標的」(2作目)、「天国へのカウントダウン」(3作目)をはじめ、蘭の空手や勇気ある決断に助けられる場面も多々ありました。
 だからこそ本作では、全力で彼女を守り抜こうとするコナンの存在が、より工藤新一らしく映ります。その意味で、本来の2人の関係が最も鮮烈に浮かび上がる劇場作品と言っても過言ではないのです。そしてその覚悟をもってしても犯人とのギリギリの攻防には、一瞬たりとも目が離せません。
 ストーリーがただただ素晴らしく、20年前の作品とは全く思えません。コナンを知らない映画ファンのかたにも自信をもって勧められる、いつまでも色鮮やかな傑作です。

◆まとめ
 いかがだったでしょうか? 複数の太い軸があり、たとえ犯人がわかっても最後まで目が離せないのがコナン映画の魅力です。
 子ども時代に何度も見たこだま監督&古内脚本作品が多くなってしまいましたが、取り上げていない中にも、すばらしい作品がたくさんあります。それぞれ違った特色があるので、皆さんぜひお気に入りの作品を見つけてくださいね。
 公開延期となった最新作、24作目「緋色の弾丸」には、将棋棋士・羽田秀吉先生も登場予定です。コナン映画を見ながら楽しみに待ちましょう!

香川 愛生

まなおのアニメ感想戦!

[筆者紹介]
香川 愛生(カガワ マナオ)
日本将棋連盟女流棋士。15才でプロ入り後、女流王将2期獲得、現女流三段。受賞歴は女流最多対局賞・女流棋士賞など。ゲーム、コスプレなど、多彩な趣味を活かし将棋普及活動にもいそしむ。著書は「職業、女流棋士」(2018)。

作品情報

名探偵コナン 緋色の弾丸

名探偵コナン 緋色の弾丸 Check-in1

世界最大のスポーツの祭典「WSG-ワールド・スポーツ・ゲームス-」の記念すべき東京開催を迎えようとしている日本。その開会式に併せて、日本の技術を総集結した、最高時速1000kmを誇る世界初「真空...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

アニメハック公式SNSページ

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。