スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 特集・コラム > 松尾Pの「ポンポさん」制作後記 > 【松尾Pの「ポンポさん」制作後記】第5回 作画監督のお仕事

特集・コラム 2021年8月6日(金)19:00

【松尾Pの「ポンポさん」制作後記】第5回 作画監督のお仕事

こんにちは。「映画大好きポンポさん」制作プロデューサーの松尾です。制作後記、第5回目は作画監督のお仕事についてご紹介します。

作画監督は大まかにいうと、作品の絵の統一を担うお仕事です。「映画大好きポンポさん」では各パート作画監督制で作りあげました。近年では総作画監督を立てるのが常識となっていますが、足立慎吾さんの立体的かつ描きやすく記号化されたデザインであれば、作画監督制でも絵の統一は図れるだろうという判断ですね。

メイン作画監督として加藤やすひささん、友岡新平さん、大杉尚広さん。そのほか作画監督として矢吹智美さん、清水慶太さんにもお願いしました。皆さん実力あるスタッフがポンポさんの作画を支えています。

■加藤やすひささん

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

テレビアニメ「BLACK LAGOON」作画監督、劇場アニメ「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」総作画監督などを歴任したCLAPのメインスタッフです。平尾監督も私も全幅の信頼をおいている方でパイロットフィルムからの参加です。ポンポさんのかわいらしい動きや、ジーンくんのフォルム感など、本作のベースになる方向性をつくっていただきました。作画監督修正以外でも、雨の車中のポンポさん、「MEISTER」におけるリリーの振り向きカットや後半のニャカデミー賞会場外観などなど、キャラクターのみならず随所に加藤さんのお仕事を垣間見ることができます。大アリクイに追われているミスティアも加藤さんのお仕事。

■友岡新平さん

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

平尾作品では「ギョ」や「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」などポイントポイントでトリッキーなカットを担当していただいていた旧知のスタッフです。原画では巨大タコにぐるぐるまきにされるミスティアや、ヤギに翻弄されるダルベールなど今回もトリッキーなカットを担当されていますが、作画監督としてはなんといってもナタリー。友岡さん描くナタリーはたいへん華があって可愛いのです……! 希望に夢を膨らませて走るナタリーや、リリー初登場の破壊力のある可愛さは萌え系作品のキャラデザインも担った友岡さんならではのお仕事でした

■大杉尚広さん

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

平尾監督と同郷ということもあり、意気投合して参加いただいた非常に繊細で端正な絵を描く方です。原画ではジーンくんがバスの中から目撃したナタリー水たまりのカットなど端正な芝居とレイアウトをシーンで担当。作画監督としては撮影シーンの楽しさを翻すシリアス展開を繊細にまとめていただきました。劇中劇におけるダルベールの鬼気迫る演技や、ジーンくんを見下ろすポンポさん、オーケストラクルーの緻密さはロケハンに参加した原画さんの功績大ですが、大杉さんの丁寧な修正で更に精度があがっています。

■矢吹智美さん

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

CLAPメインスタッフです。メイン原画マンとして髪を切ったばかりのナタリー初登場シーンや、パーティ会場プール前のジーンくんとナタリーなどを担当。プロップデザインやオーケストラクルーのデザインも矢吹さんのお仕事です。制作後半ではOPの作画監督も。

■清水慶太さん

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

(C)2020 杉谷庄吾【人間プラモ】/KADOKAWA/ 映画大好きポンポさん製作委員会

イメージを拡大

「GOD EATER」のキャラデザイン、「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」の総作画監督を担当されている平尾監督作品常連の清水さんにはパイロットフィルムの作画監督をお願いしました。ナイジャなどサブキャラデザインも担当。原画では原作CMでも使用された指パッチンポンポさんや変身BANKのようなアブノーマルポンポさんなど、加藤さんと同じく序盤のキーになるカットは清水さんによるものです。

松尾 亮一郎

松尾Pの「ポンポさん」制作後記

[筆者紹介]
松尾 亮一郎(マツオ リョウイチロウ)
1973年生まれ。株式会社CLAP代表取締役プロデューサー。1999年マッドハウスに入社。プロデューサーとしてテレビアニメ「BLACK LAGOON」、映画「マイマイ新子と千年の魔法」などを担当。退社後は映画「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」、映画「この世界の片隅に」で制作プロデューサーを担当。「映画大好きポンポさん」はCLAPでアニメーション制作を担当した。

作品情報

映画大好きポンポさん

映画大好きポンポさん 8

敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。映画に心を奪われた彼は、観た映画をすべて記憶している映画通だ。映画を撮ることにも憧れていたが、自分には無理だと卑屈にな...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

フォトギャラリー

フォトギャラリーへ

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。