スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > バドミントン小説「ラブオールプレー」TVアニメ化 22年春、読売・日テレ系土曜夕方枠で放送

ニュース 2021年8月8日(日)08:00

バドミントン小説「ラブオールプレー」TVアニメ化 22年春、読売・日テレ系土曜夕方枠で放送

ティザービジュアル

ティザービジュアル

(C) 小瀬木麻美・ポプラ社 / 横浜湊高校バドミントン部

イメージを拡大

小瀬木麻美氏による小説「ラブオールプレー」のテレビアニメ化が決定し、2022年春に放送されることが分かった。あわせてメインスタッフも発表された。

原作は、スマッシュの初速が400キロを超えることから「世界最速のスポーツ」とも言われるバドミントンを題材にした小説で、タイトルの「ラブオールプレー」は試合開始時に審判が発するセリフから採られている。中学時代は無名だった主人公の水嶋亮が、名門の横浜湊高校バドミントン部に入部して個性豊かなチームメイトたちと出会い、インターハイ優勝を目指して成長する青春の日々を描く。

監督を竹内浩志、シリーズ構成を金春智子、キャラクターデザインを金田莉子が務め、日本アニメーションとOLMが共同でアニメーション制作を担当する。

「ラブオールプレー」は22年春に、読売テレビ・日本テレビ系にて毎週土曜午後5時30分から放送される。なお同枠では現在「僕のヒーローアカデミア(第5期)」が放送中。

原作者の小瀬木氏、中田プロデューサーのコメント全文は以下のとおり。

【小瀬木麻美(原作)】
「ラブオールプレー」原作者の小瀬木麻美です。10年程前、バドミントンというとても奥深く魅力的なスポーツに出合い、そしてそれに真摯に向き合う人たちに魅了され書き上げた作品が、この度、アニメという新しい顔をいただくことになりました。この幸運は、アニメファンである私にはこの上ない喜びであり、これからの作品への大きなモチベーションとなると思っています。日本文化の代表でもあるアニメの力で、日本のみならず世界中でバドミントンファンが増えることを祈っています。

【中田プロデューサー】
炭酸水のような作品にしたいと思っています。
高校生らしい青春描写の透明感、スピード感のあるバドミントンの試合シーンの爽快感。
バドミントンをやっている人もやったことがない人も、青春真っただ中の人もかつて青春時代を送っていた人も。
個性豊かなキャラクターたちと一緒に青春しませんか?
来年春、楽しみにしていてください!!

作品情報

ラブオールプレー

ラブオールプレー 1

主人公の水嶋亮は、中学校に入学し、勢いでバドミントン部に入部する。きちんとした指導者がいない中学校ではあったが、亮は持ち前の体力で県大会に出場するまでに上達。そんな亮に名門・横浜湊高校バドミント...

2022春アニメ 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

関連するイベント情報・チケット情報はありません。

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。