スマートフォン用ページはこちら
ホーム > ニュース総合 > 新生レッドリボン軍、ガンマ1号&2号の姿も 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」第1弾ビジュアル

ニュース 2021年12月15日(水)20:00

新生レッドリボン軍、ガンマ1号&2号の姿も 「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」第1弾ビジュアル

第1弾ビジュアル

第1弾ビジュアル

(C)バード・スタジオ/集英社 (C)「2022ドラゴンボール超」製作委員会

イメージを拡大

「ドラゴンボール」シリーズの劇場版最新作「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」の第1弾ビジュアルが、このほど披露された。

1984年から95年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、コミックスの世界累計発行部数が2億6000万部という驚異的な記録を叩き出した伝説的漫画「DRAGON BALL(ドラゴンボール)」。最新作では、原作者の鳥山明氏が自ら脚本を執筆。新たに生み出されたストーリーに、キャラクターデザイン、セリフの細部に至るまで、徹底的にディテールにこだわっている。

各コミコンで特別映像が解禁されるやいなや「ドラゴンボールがナンバー1」「レッドリボン軍はガチで期待してる」「Dragon Ball Super: Super Hero looks GOOD」「Dragon Ball Super Super Hero let’s goooo」と国内のみならず、海外のファンの声が世界中を駆け巡り、本作への期待値はまだまだ上昇中だ。

ビジュアルでは、メインキャラクターたちに加え、新生レッドリボン軍、謎のキャラクター・ガンマ1号&2号が集結。まず目を引くのは、センターに描かれた悟飯、ピッコロ、悟空の姿。周りには、ベジータやパンといったお馴染みのキャラクターも確認できる。さらに「ニューヨーク・コミコン」での特別映像で登場したキャラクターたちの姿も。レッドリボン軍のマークがついていることで話題を呼んだ、赤紫色&赤色のスーツにそれぞれ身を包んだ謎のキャラ、紫色のウェアに身を包んだキャラ、そして同コミコンでキャラ名が発表されたガンマ1号&2号も描かれている。

赤紫色スーツ&赤色スーツの男は何かを企んでいるように見え、「新生レッドリボン軍か!?」とその全貌に期待が膨らむ。紫色のウェアを着たキャラクターは、マントとベルトを身に着け、ヒーローを彷彿とさせるポージング。天に向かって銃のようなものを放つガンマ1号、両手を広げて敵を迎え撃つポーズのガンマ2号――彼らもスーパーヒーローにも見えるため、その設定が気になるところだ。

本作の新情報は、幕張メッセ&オンラインで開催されるジャンプフェスタ2022で解禁を予定している。12月18日の午後4時20分からスタートする「ドラゴンボール超」スーパーステージには、孫悟空役の野沢雅子、ピッコロ役の古川登志夫、ガンマ1号とガンマ2号のキャストも登壇する。

「ドラゴンボール超(スーパー) スーパーヒーロー」は、2022年に全国公開。

映画のことなら映画.com

作品情報

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー

ドラゴンボール超 スーパーヒーロー 1

かつて、孫悟空により壊滅した悪の組織<レッドリボン軍>。その意志を継いだ者たちが、新たに最強の人造人間・ガンマ1号、2号を生みだした。彼らは自らを「スーパーヒーロー」と名乗り、ピッコロ、悟飯らを...

アニメ映画・OVA情報TOP 作品情報TOP イベント一覧

特集コラム・注目情報

番組情報・出演情報

イベント情報・チケット情報

イベントカレンダーへ

  • 今日の番組
  • 登録済み番組

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメは放送前日や放送時間が変更になったときにアラートが届きます。

  • 新着イベント
  • 登録イベント

Check-inしたアニメのみ表示されます。登録したアニメはチケット発売前日やイベント前日にアラートが届きます。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。